人になかなか相談する機会のない「デリケートゾーン」。
女性同士でもなかなか話はしないけど、ケア方法が気になっている方は多いのではないでしょうか?
ですが、自己流でケアしてしまうと、思わぬトラブルを招く可能性もあります。
そこで、今日から実践できる正しいケアの方法をご紹介します♪

デリケートゾーンのケアが不十分だと…

デリケートゾーンは構造が複雑なため、おりものやトイレットペーパーが付いてしまったりとても汚れやすい箇所なのです。
さらに大陰唇には「アポクリン腺」という汗腺も分布しているため、放っておくとニオイの原因に…。
そのため、ケアが不十分だと、雑菌が増え、ニオイやかゆみの原因になってしまいます。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは、粘膜が多く皮膚も薄いので、優しく洗うのが基本です。
ボディソープなどを直接塗るのではなく、泡立てたもので優しく洗って下さい。
優しく洗いますが、汚れがたまりやすいので、指の腹で傷付けないようにしっかり洗いましょう。
この時に、鏡などで汚れや泡の落とし忘れがないかチェックしながら洗うと綺麗に洗えますよ♪

デリケートゾーン用の石鹸

いつもの石鹸やボディソープがデリケートゾーンに合わない…という方は、デリケートゾーン用のものを使ってみましょう。
ニオイ対策や低刺激のものなど、いろいろな種類があるので、一度試してみるのもアリですね!

オススメ商品は、ヴィーナスラボの「ジャムウクリアナノソープ」!

ジャムウクリアナノソープ
低刺激で消臭効果があるのはもちろん、美容成分も配合されているので、女性に嬉しいアイテムですね♪

洗う時の注意点

身体にとって必要な菌もあるので、ゴシゴシ洗いすぎるのはNGです。
特に、膣の中まで指で洗う必要はありません。
一定に保たれた弱酸性による自洗浄作用が低下してしまい、膣炎などを引き起こす原因になるので、注意してください。

また、生理中は日頃よりもデリケートな状態になっているので、いつも以上に優しく洗うように気をつけましょう。

 

【関連記事】
自分チョイスで石けんライフを楽しむ♪

皮脂のとり過ぎは老化を早める!? 天然クリームの秘密

洗顔フォームが肌をかさかさにしてるってどういうこと?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう