疲れているのになかなか寝付けない・・・そんな夜を過ごしていませんか?

そんな時は、お風呂上がりにストレッチをすると、リラックス効果で心地よい眠りにつくことができます。

お風呂とストレッチで疲れ知らず!ぐっすり夢の中へ

快適な睡眠は、神経が高ぶっていては訪れません。
その神経を落ち着かせるのには、お風呂に入ることが大切です。
ぬるめの湯船にゆっくりと浸かると、交感神経と副交感神経のバランスが整えられ気分が落ち着いてきます。
そこへ軽いストレッチをおこなうと、血行の流れが良くなり疲れもとれ、溜まった疲労の回復を促してくれます。

お風呂上がりのストレッチで効果倍増?

ストレッチを効果的におこなうには、リラックスした状態が一番です。
心身ともにリラックスしたお風呂上がりこそ、ストレッチ効果を倍増することができます。
お風呂で温められた体は、筋肉が柔らかい状態なので柔軟性が増しストレッチしやすい状態です。
体の痛みの原因のひとつに、血流が悪いことがあります。
湯船につかり血液の循環が良くなっている状態だと、ストレッチ効果が高まり、疲れ知らずの体を作り出してくれます。

軽いストレッチ実践法!スッキリ気分でリラックス!

では、ストレッチのやり方をご紹介します。
激しい運動は、眠りを妨げてしまうので寝る前のストレッチは軽いものでも十分効果があります。

・ゆっくりと首の伸ばす感じで回していきます。
首回しで肩こりの改善と、フェイスラインをスッキリすることができます。
・座った状態で片足をぎゃあくの足のモモに載せ、すねのあたりを片方の手で支えながら、逆の手でくるっと足首を回します。
足先の血行不良が改善され、冷え性の方に特におすすめです。
・仰向けに眠り、両足を上げ両腕で抱え込みます。
寝たまま体育座りの姿勢になり、頭は上げずに背中が伸びるようにギュッ両膝をと抱え込みます。
背中のラインがスッキリし腰痛予防にも最適です。
・最後に、仰向けに眠り両手を頭の上でバンザイの形で大きく背伸びをします。

全身の伸びをしたあと、しばらくボーッとしていると心地よい眠りがきっと訪れると思います。
翌朝の目覚めも違ってくる、お風呂上がりのストレッチで快適な眠りと朝を手に入れてください。

 

【関連記事】
足痩せできる!『ふくらはぎストレッチ』で下半身ダイエット

下腹部を引き締めるにはどんなストレッチが効果的?

ヨガやストレッチのシェイプアップDVDの効果の程は?

ヒップアップ&スリミング!痩せるだけじゃイヤな人のためのストレッチ

朝イチのストレッチで新陳代謝UP!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう