食事をする時、「よく噛む」ことがダイエットになります。
とても簡単な方法なのですが、どうしてダイエットにつながるのでしょうか?

どうしてダイエットにつながるの?

よく噛むことで満腹中枢が刺激され、お腹一杯になるタイミングが早まります。
その結果、普段食べていた量より少なめでも満足することができます。
食べる物や量を大幅に変えることなく、自然とダイエットをすることが可能です。
また、噛むことで顔の筋肉も鍛えられてしわ・たるみを防止できるので一石二鳥です!

1口につき30回噛む

最低でも、一度口に入れたら30回は噛んでください。
噛んでいる時は、お箸をいったん置くなどして、ゆっくり食事を摂りましょう。

歯ごたえのある食材をチョイス

野菜

根菜類のジャガイモ、ゴボウ、ニンジンや玄米、こんにゃくなどを食材に取り入れると、自然と噛む回数も増えてきます。

調理方法は「大きめ」「かため」

自炊をするときは、食材を大きめに切ることと、かために作ることを意識しましょう。
小さかったり、柔らかかったりすると、噛む回数が減ってしまう傾向があります。

水分で流し込まない

食事をしながら水分をとるのはOKですが、口の中のものを水分で流し込んでしまうことはやめましょう。
しっかり噛んで、飲み込んでから飲み物をとるようにします。

左右同じように噛む

噛む時に癖がある方は要注意です!
片方ばかりで噛む癖があると、顔や顎の歪みにつながってしまう可能性があります。
できるだけ、左右同じ頻度で噛むよう心がけましょう。

ぜひ今日から試してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】
野菜ばかりはNG!! 肉と野菜のバランスがダイエットのポイント

誰でも簡単【白湯】がダイエットにイイらしい!

無駄食い防止!食欲を抑える方法

黒い食材にシフトチェンジ!自然の恵はやっぱりスゴイ

人気のダイエット食材7選!生活習慣病予防にも◎

バニラアイスがダイエットに最適な理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう