腸内環境が気になる方はぜひ、和食を食べましょう!
というのも、和食に使われる食材には整腸作用のある食物繊維と発酵物を含むものが豊富なのです。
ここで少し、整腸作用のある和食メニューをご紹介します♪

おから(卯の花)

おからは大豆からつくられていて、繊維分がとても豊富なのです!
水溶性食物繊維は0.43g、不溶性食物繊維は4.95g、総量5.38gもの食物繊維が一食で摂れちゃいます。
また、大豆のミネラル、タンパク質も豊富に摂れるのです!
ただ、不溶性食物繊維は腸が過敏な人が摂りすぎるとおなかが緩くなるのでお気をつけて。

きんぴらごぼう

夕飯のおかずやお弁当に…。
ちょっとしたところに登場するきんぴらごぼうは、水溶性食物繊維1.89g・不溶性食物繊維2.5g・総量4.34gと、水溶性と不溶性がバランス良く含まれています。
非常に簡単にできてしまうメニューなのでいつでもちょっと食事に添えるだけで手軽に食物繊維を摂取でき、少しずつ腸の調子もよくなりますよ♪

筑前煮

和食の定番、筑前煮は食物繊維が豊富な食材をふんだんに使ったメニューです。
具材としては主に、しいたけ・ごぼう・たけのこ・さといも・こんにゃくなどが入っています。
水溶性食物繊維1.77g・不溶性食物繊維4.54g・総量6.32gと数値で見てもよくわかるくらいたくさんの食物繊維が入っています。
これだけの食物繊維が一食で摂れるので、上記に取り上げた一品と組み合わせてとれば腸内環境改善は間違いないですね!

このように和食は一品に使われている食材の栄養素が豊富です。
ここに取り上げていないものにも、たくさんの良いメニューがあります。
日本人が昔から親しんできた食べ物、和食でぜひ美腸をめざしましょう♪

 

【関連記事】
燃焼促進!美味しくて簡単なダイエット生姜レシピ5選

美味しい!健康的!マクロビオティックダイエット

人気のダイエット食材7選!

本当に効果があるの!?おにぎりがダイエットにいいという新常識

何をやっても腸の調子が悪い…そんな人のためのとっておきサプリ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう