お風呂の温度は、熱いからといって体が温まるわけではありません。
熱いお風呂に入ると、交感神経が優位になり、興奮状態になります。
これから活動をするような、朝に入るのには適していますが、リラックスするのには、ぬるめが丁度良いのです。

大切な温度調整

また、皮膚の感覚は人それぞれですので、適温は人によって違うのです。
いくらぬるめのお風呂にリラックス効果があると言っても、バスルームの温度によっては、すぐに冷めてしまいますし、全く温まらないのであれば、それはあなたにとっての適温ではありません。

一般的に高齢になると、皮膚の感覚が鈍感になりますので、比較的熱めのお湯でも大丈夫になります。
しかし、入れるからといって、あまり熱い温度では、体に与える影響も良くありません。
目安として、何度くらいが良いのでしょうか。

体感温度としては、全身の力が抜けて、気持ち良いと感じるのが適温だと言えるでしょう。
では、適温のお風呂に入ることで、どんな効果が得られるのか、見ていきましょう。

温度の目安は、38~41℃くらいが適温と言えるでしょう。この位の適温のお風呂に入ることで体内リズムを整える効果があります。
体内リズムを整えるには、睡眠が深く関わっています。

質の良い睡眠に入るために

質の良い睡眠に入る為には、お風呂で一度体温を上げて、徐々に下がっていく過程で眠気を誘います。
その状態の時にベッドに入れば、安眠効果を得られます。

だいたいお風呂上がり30分後くらいに眠りにつくと、丁度体温が下がり始めるので、朝の目覚めも良くなります。

また、食後すぐの入浴は、消化を妨げるので、良くありません。
夕食はあまりお腹いっぱい食べず、いくらか消化した1時間後くらいに入浴すると良いでしょう。

 

【関連記事】

お風呂はリラックスできる環境で♪ダイエットに効果的な入浴法

夜に湯船に浸かる習慣はダイエット効果大!?

頭皮の毒素を徹底排出!デトックス系シャンプーはコレ!