生理前になると、必ずお肌の調子が悪くなって困るという方も多いことでしょう。
そんな生理前の荒れがちな肌を改善できる入浴方法は、ぬるめのお湯に浸かることなのです。
ではなぜ、ぬるめのお湯に浸かると、生理前の荒れがちな肌に効果的なのでしょうか。

女性の悩み

女性の永遠の悩みは、生理前や生理中に起こる身体の不調ですよね。
生理前は、ホルモンバランスが乱れることによって、イライラしたり、お肌の調子が悪くなったりします。
この状態の時には、いつもよりも意識して、リラックスすることが大切です。

お風呂でリラックス

38~40℃くらいのぬるめのお湯に浸かることで、リラックス効果が得られますので、イライラの解消に効果があります。
また、ぬるめのお湯にゆっくりと浸ることで、血行が促進されますので、肌の代謝が良くなり、肌にうるおいを与える効果や、吹き出物の原因となる老廃物を排出する効果があります。

アロマで効果アップ

イライラがひどい時には、リラックス効果があるアロマキャンドルをともして、ぼんやりとした照明の中で、ゆったりとした気分になるのもおすすめです。
また、入浴剤にアロマ効果のある香りを選んでも良いでしょう。

頭痛がひどい時には、無理に長湯をせず、足湯だけでも大丈夫です。また生理中には、腹痛などの生理痛がつらい時もありますよね。
それは、血行が悪くなっている証拠ですので、ぬるめのお湯に浸かることで、血行が促進され、また身体が温まることにより、不思議と痛みがやわらぎます。
お腹が温まることで、子宮の壁がはがれやすくなる効果があるのです。

【関連記事】

2週間のあたため期♪生理周期を利用して痩せる!

お風呂はリラックスできる環境で♪ダイエットに効果的な入浴法

デートなのにニキビが!そうならないための美肌術♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう