プールでのトレーニングは、地上で行うトレーニングよりも水の抵抗がある分、負荷がかかり、引き締め効果があります。
さらに、浮力があるので、体重の負担がかからない分、足や腰を痛めることが少なく、効率的にトレーニングを行うことができるのです。
では、どのような方法のトレーニングをすれば、どの部分を引き締める効果が得られるのでしょうか。

ウエスト引き締め効果

プールを歩くのですが、歩く時に腰をひねりながら大股で歩きます。
腕を大きく半回転させながら、1歩ずつゆっくり歩いて下さい。

太もも引き締め効果

(1つ目)足を高く上げて、前へ大きく押し出しながら、大股で歩きます。
(2つ目)ひざを曲げて横に開き、水をかく様にしてから、前に進みます。
(3つ目)後ろ向きで歩くのですが、足を高く上げながら、ゆっくり歩きます。後ろ向きで歩くことで、ヒップアップ効果も得られます。
どの方法もゆっくりと、大きく動かす様にしてください。

オールマイティなバタ足

オーソドックスなバタ足をするだけでも、足全体を使うので、筋力をアップして、脂肪を燃焼する効果があります。
意識的にお尻に力を入れて、ひざを伸ばした状態で、足をまっすぐにしてバタ足をすると、ヒップアップ効果も得られます。
お腹に力を入れることで、ウエストの引き締め効果も得られます。

二の腕引き締め効果

前に歩く時に、自分の前をかき分けるようにして、水をかきます。
後ろに歩く時は、自分の横を後ろから前へ向かって、水をかきます。

【関連記事】
泳げなくてもプールで痩せる!水中ウォーキングダイエット法のここが凄い!

痩せ効果を上げる歩き方をマスターしよう!

【サウナスーツの効果】普通にウォーキングするのとどのくらい燃焼量が違うの?