1日の疲れを取ってくれる、やすらぎのバスタイムには、どれくらいの温度のお湯に浸かっていますか?
手っ取り早く身体を温める為に熱めのお湯に浸かっていたり、ダイエット効果を上げる為に汗をかきたいからといって、熱めのお湯に浸かっていたりしていませんか?
もちろん熱めのお風呂にも、良い効果はありますが、身体をより温めたいのなら、ぬるめのお湯に浸かる方が効果的なのです。
ぬるめのお湯に浸かると、身体のコリや疲労がとれやすい効果があるのです。

なぜぬるめのお湯は、疲れが取れやすいのか?

38~40℃位のぬるめのお湯に浸かることで、リラックスしている時に働く「副交感神経」と呼ばれる自律神経を優位に働かせる効果があります。
全身の筋肉の緊張がほぐれることで、肩などの身体のコリを解消する他に、精神的にも落ち着いた気分になれるのです。

また、身体が休息している状態のときには、同時に、身体の不調を修復する機能が働いています。
その為、疲労回復の効果も得られるのです。

肩コリ解消とリラックス効果を得るためには、多めのお湯に、肩までゆっくりと浸かるのがポイントです。
お風呂のお湯を多めの量にすると、肩コリの解消に効果があるので、疲労回復効果も倍増します。
また、お湯の量が多いと、体がお湯に浮きやすくなりますので、より全身の力が抜けて、リラックス効果がアップします。

半身浴は、長い時間浸かっていることができるので、じっくりと身体の芯まで温まる効果はありますが、肩がお湯に浸かっていないので、肩周辺の血行促進には不十分なのです。

【関連記事】
入浴前の水分補給でデトックス効果アップ!血液もサラサラ♪

風呂上りエクササイズで効果UP!

入浴は”食後1時間”あけないと消化に悪い!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう