止まらない食欲を抑えると、ストレスを感じてしまいますよね。

食欲なんてなければいいのに!そう思うことが、ダイエットに多くある悩みのひとつですね。
食欲を無理なく抑えるために、食事の前にお風呂に入ってみてはいかがでしょうか?

食事前のお風呂で食欲セーブ?どうして食欲がなくなるの?

食べたあと体の中で消化活動するために、血液が胃腸に集中します。
血液の流れが集中しなければ胃腸は活発に活動してくれません。
その原理を利用して、食事前の入浴で体を温め、血液を全身に巡らせ胃腸への血液集中を鈍らせます。
そのことが、胃が消化できませんというサインを発して、食べないようにと脳が察知し食欲が抑えられるということです。
もうひとつ湯船に浸かることで、胃に圧力がかかり小さくなり食欲もセーブできる2重の効果が期待できます。

 

女性 お風呂

効果的な食欲セーブ入浴法と注意点

夕食などの直前に40°のお風呂に、肩まで浸かり15分程度入ってください。
のぼせそうになったら休憩をしてください。
まだ体が温かいうちに、食事をすることが大切です。体が冷えてしまうと効果がありません。
半身浴などで良いとされる37、38°のぬるめの温度で入ると、胃腸が活発になり逆に食欲増進効果になってしまうので注意してください。

また早めに外食で夕食を済ませたとき、帰宅後に小腹が空いたと食べてしまう時がありますよね。
その時も、お風呂に入ると食欲がなくなるのでおすすめです。
ただし、飲酒している場合は入浴しないようにしてください。

【関連記事】
入浴の仕方で冷え&脂肪体質を改善!痩せやすいカラダへ!

青い色で食欲減退!青色ダイエットの原理を解説

入浴剤を使い分ける! 目的別に毎日変えてバスタイムを優雅に♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう