ワセリンは鉱物油だから危険?

圧倒的にワセリンを好きな人の数は多いと思いますが、中には「ワセリン=鉱物油= 危険」というイメージ連鎖を抱いているそうです。
確かに石油を精製する過程ででき るものですが、危険だったというのは昔の事のようです。

確かに昔はワセリンには様々な不純物が混入していたらしいのですが、今はきれいに 製されているので大丈夫。
そもそも石油は、古き昔の植物が堆積し長い時間を要して生成されたものを言います
石油は植物油なのです。
石油からできるゼリーの不純物を限りなく高水準に 精製したものがワセリンなのです。

9f6dac38eb3a6ef816ed6f0840905552_m

黄色と白色どう違うの?

見慣れていると思いますが、アメリカから輸入されたおしゃれなボトルのワセリンは薄い黄色をしています。
それとは別に少しだけ高い値段で売られている白色のワセリンもあ ります。

色の違いは精製純度だそうで、白色の方が高いと言うわけです。
効能などに大差はな いらしいのですが、やはり白色ワセリンの方が不純物が少ないそうです。

ワセリンの種類

ワセリンには精製度によって種類があります。
上記のように一般的に見かける黄色い 「ヴァセリン」、そして精製度が高い「白色ワセリン」。
この二つを目にすることが 多いと思いますが、「白色ワセリン」の更に精製度の高いワセリンがあります。
「プロペト」と「サンホワイト」です。
「プロペト」はアトピーの方に対して病院から処方されるワセリンだそうで、薬の基剤としても使われているものです。
「サンホ ワイト」はワセリンの中で最も高品質なものになり、不純物はほとんどないと言われ ています。
それゆえに値段もお高いですが、最高品質のワセリン、一度試してみるのも良さそうですね!

ワセリンの便利な使い方

ワセリンの多くの使い道はボディクリームやハンドクリーム、リップクリームとして ですが、靴ずれや靴磨きに使う方法もあるようです。
ちなみに筆者は蚊にさされたときにワセリンを塗ってその上に絆創膏をはって密封し ます。
するとかゆみが消え、いつのまにか腫れが落ち着くからです。
ワセリンは薬で はありませんが、蚊に刺された時にはなるべく空気に触れさせない方がいいとの発想 でなんとなくやってみました。
様々な用途に使用できるワセリン、オススメです!

【関連記事】
どうせ食べるなら良質な油を摂った方がいい理由

ダイエット中でも食べて良い油、ダメな油

良質なオイルはダイエットにNGじゃない!脂肪燃焼促進効果のあるオイル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう