赤ちゃん用ボディソープは安全?

「ベビーソープ」「赤ちゃん用ボディソープ」と検索してみると、“無添加”“洗浄力が低い”“低刺激”“保湿力”“弱酸性”などのキーワードがちりばめられててたくさんのメーカーから発売されています。

成分表には難しい名前がズラリ…これって何?

しかしちょっと待って!
コカミドDEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン、ココイルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa…難しい名称がたくさん並んでいませんか!?
これら全て界面活性剤と呼ばれる洗浄剤です。
毒性の強いものもありますし、この他にも色んな成分が入っています。
赤ちゃん用のはずなのに、まるで食器洗い用の洗剤です!

赤ちゃんのお肌を大切に

赤ちゃん

筆者の知人の赤ちゃんが、ベビー用のボディソープを使ったら毎日泣くと言っていたことがあります。
原因がわからなかったらしいのですが、私が純石けんのベビーソープをプレゼントしたところ、ウソのように泣かなかったと報告を受けたことがあります。

もちろん私は成分などを気にするタチなので、そう言ったことを踏まえて製品を選んだのですが、彼女の使っていたボディソープの成分を調べたところ、大人でも肌に悪い成分が赤ちゃん用にも使われていたのです。
赤ちゃんが泣いた理由がわかりました。刺激が強くて痛かったのです。

ただでさえ皮膚が弱い赤ちゃん。
こんなにもたくさんの洗浄成分で洗われたらどうでしょう!

ちなみに筆者が知り合いにあげたボディソープの成分は、「水、カリ石ケン素地」のみです♪
ベビーソープですが、もちろん大人やペットにも使えるそうです。
ベビーソープは成分もきちんとチェックして、赤ちゃんのやわらかくてすべすべしたお肌を守っていきたいですね。

【関連記事】
ダイエットのために青汁を飲んでいたら美肌にもなった!?

がごめ昆布で優香も-7kg減! 美肌・健康にも

小麦断ちダイエット! 小麦を食べないと痩せる&美肌になる