皮脂の役割

毛穴にある皮脂腺から出た皮脂が汗と混ざり「皮脂膜」となって肌を覆い、肌の水分の蒸発や外部からの刺激を守ってくれている、とても大事なものなのです。
もちろん頭皮も同じです。

“脂皮”が若さを保つ!?

過度な合成界面活性剤を含んだ洗顔料やシャンプーで皮脂を取り過ぎてしまうと、皮膚や頭皮はすぐに乾燥しカサカサ肌になってしまいます。
そしてそれはシワの原因にもなってしまうのです。

若々しい肌を保っていられるのは皮脂の恩恵だと言っても過言ではありません。
いかにわたしたちは日頃、皮脂を邪険にしていることがわかるのではないでしょうか。
ですので、どちらかと言うと脂性の方がシワになりにくく、得だと言われています。

皮脂と上手に付き合うために

だからと言って放置すればいいというわけでもありません。
皮脂が溜まり過ぎてしま うとそれは酸化し、汚い脂に変わってしまうので、ニキビなど皮膚にとってマイナス な影響を与えてしまいます。

特に夏場や若い世代、男性は皮脂がよく出ますので、成分の良い石けんなどで洗いま しょう。
ですが、洗い過ぎは皮脂のとり過ぎになってしまうので気をつけましょう。

皮脂の有効活用

クリーム

また、乾燥しがちな人は皮脂に近い成分で作られたクリームを使用するようにし、合成界面活性剤や合成ポリマーが含まれていないものを選びましょう。

尚、Tゾーンからの出る皮脂は他の部位よりも多いので、あぶらとり紙で拭き取ってし まうよりも、その脂を乾燥しているところにつけることもひとつの知恵と言えるそう です。

なにせ皮脂は天然の美容液ですから。筆者はかなりの脂性ですので、自分の皮脂をさかむけが気になる指先につけたりしていますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう