人気増加中の「石けん洗濯」

石けん洗濯は、巷で多く売られている“合成洗剤”ではなく、“純石けん”からできている洗濯洗剤を使用した選択方法のことです。。
合成洗剤は便利で安く香りもいいですが経皮毒や皮膚炎、アレルギーなどの報告も多いようです。
石けん洗剤は人にも環境にもやさしいので人気上昇中なのです。

石けん

コツを掴めば上手に洗濯できる!

石けん洗濯ってあまり聞き慣れないし、面倒…というイメージがあるかもしれませんが、コツを掴めばすぐに慣れますよ。

まず色物、手洗いするもの、一気に洗濯機で洗うものを分けます。
でも洗濯物を詰め込み過ぎないことに注意しましょう。

なお、汚れがひどい場合は予洗いや部分洗いなどをして下さい。
そしてできればお風呂の残り湯を使う様にします。
冬の時期など水が冷たい場合はお湯を混ぜるのもいい方法です。

洗濯機にぬるま湯を張ったら、粉石けんの場合、直接入れないずに一度洗面器かバケツでよく溶かし泡立ててから洗濯機に投入するようにします。
そうしないと石けんカスが衣服につきやすいのと、洗浄力が弱まってしまうからです。
石けん洗濯の場合、泡が重要なのです。思い切り泡立てて使いましょう。
と言っても、石けんの入れ過ぎは黄ばみの原因や石けんカスの原因になります。
ドラム式の場合は少し使用量を減らして下さい。
石けん量の目安は各メーカーボトルや袋に書いてあるので参考にしてみてください。

更に洗浄力UPを目指したいのであれば、『酸素系漂白剤』を併用してみて下さい。
ちなみに筆者の経験上、粉石けんは手間は少しかかりますが、とても経済的です。
液体は便利ですが、経済的とはあまり言えません。

仕上がりには“酸”をプラス

あとは普通に洗濯機を回します。洗濯物に石けんが残らないよう、たっぷりの水ですすぎます。
できれば注水で2回程度がいいかと思います。
この際に裏技として、『洗濯リンス』と言われる製品を使ったり、クエン酸を水で溶いたものやお酢などを少々柔軟剤投入口に入れてすすぐと、石けんカス帽子やふんわりとした洗い上がりになります。

【関連記事】
中鎖脂肪酸はオイルなのに身体に溜まらない!? 中鎖脂肪酸ってどんな成分?

“水素水”ってダイエットにも効くの?活性酸素の除去で美容・健康効果

美しい髪はまず頭皮から!毛穴汚れを除去して美しい髪へ♪