だんだんと花粉の飛散量が多くなってきてて、花粉症の人にはツラ~イ日々が続いていますね。
原因は花粉によって、免疫反応が起きるアレルギー症状です。
くしゃみや鼻づまり、鼻水や目のかゆみが花粉四大症状ですが、市販の薬を飲むと副作用で、口の渇きや眠気などの症状が現れます。
とても困りますよね。
ですが、こうゆうときこそ!漢方薬が役立つんです!

漢方で花粉症を治す!漢方薬の選び方

花粉症に効く漢方薬は、花粉症の目の充血の違いによって、2つのタイプに使い分けられます。
目の充血がない人は、寒タイプです。
充血のある人は、熱タイプです。

寒タイプの人に効く漢方薬

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

鼻水がヒドイ人は小青竜湯を使いましょう。
身体の水分代謝を促進させて、クシャミや鼻水などの症状を改善できます。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

鼻水がでないけど、鼻づまりがある人には、葛根湯加川芎辛夷がオススメです。
鼻粘膜の腫れを抑えて改善してくれます。

熱タイプの人に効く漢方薬

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

ノドや鼻粘膜の乾燥がない人は、荊芥連翹湯をオススメします。
抗炎症作用により鼻づまりが解消されます。
特に蓄膿症や慢性鼻炎の人に最適な漢方薬です。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

ノドや鼻の粘膜に乾燥がある人は、辛夷清肺湯が効きます。
鼻づまりの炎症を抑え、鼻に潤いを与えてくれて、鼻の乾燥を防いでくれます。

花粉症のために、漢方薬を飲みたい方は、漢方専門家に相談してから服用して下さいね。
花粉症がヒドイ症状だと、日々の生活に支障をきたしてしまいます。
食生活の改善も大事ですが、身体の中から体調改善することも重要です。
漢方を飲んで、ツラ~イ花粉症とサヨナラをして、少しでもラクに毎日を過ごしましょう。
まだ、一度も漢方薬を飲んだことが無い方は、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】
漢方薬で花粉症対策【小青竜湯】ってどうなの?

アレグラFX、アレジオン10…花粉症の薬、良く効くのはコチラ!

【アレグラ】病院処方のアレルギー専用鼻炎薬はやっぱりよく効く

アレルシャット、ポレノン、クリスタルヴェール…イオンで花粉をブロック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう