花粉症の症状に頭を抱えてる方たくさんいらっしゃいます…
症状を軽くするにはどうすればいいのでしょうか?

実はこんな症状も…!

花粉症といえば、鼻がむずむずして目が痛痒い!そんなイメージですよね。
しかし、それに加え頭痛や肩こり、頭がぼーっとすることからくる倦怠感にも悩まされている方もたくさんいるのです!

なぜこんな症状が起こるのか?

頭痛、肩こり、倦怠感は二次症状とも呼ばれている症状なのです。
花粉の量が多いと、鼻の粘膜がアレルギーを起こし、腫れてしまいます。
そうなると空気取り込む道が狭くなって、酸素量がどんどん減ってしまうのです。
腫れてしまうことと、取り込める酸素の量が少なくなることで神経を圧迫してしまい、それが頭痛という症状になって返ってくるのです。
酸素量が減ることで呼吸が苦しくなり落ち着いて眠れなくなり、睡眠不足に…しかも睡眠不足になることでさらに頭痛が悪化してしまうケースもあるそうな…。まさに負のスパイラル…!

鼻の症状は意外と深刻なもので、長期間不快な症状が続くと、首や肩の筋肉が凝ってしまい頭痛につながってしまうこともあるのです。

花粉症は、下手をすると風邪よりもやっかいな敵になるかもしれません。

二次症状の対処方法

対処法といっても、薬を飲んだときのようにすぐに改善されるわけではないのでご了承ください!

花粉症の対処法は、自分の身体の基礎代謝を上げることがほとんどで、時間かけて継続することがとても重要になってきます。

実施してもらいたいのは、しっかり睡眠時間を確保すること。
「息苦しくて眠れないのが悩みなのに!」ごもっともです…
しかし、出来る限り睡眠を取り、体を休ませることがとっても重要なのです。
ぐっすり眠るには身体を暖めることがなによりも大切なので、寝る前に生姜湯飲んだり、ゆっくりお風呂に入ることをおすすめします。
その他にも油物や高カロリー、高タンパク質の料理は避けるよう心がけましょう!

 

【関連記事】
日常生活で気をつけたい、家に花粉を持ち込まない方法

花粉症ってどうしてなるの? カラダのメカニズム

漢方薬で花粉症対策【小青竜湯】ってどうなの?

【アレグラ】病院処方のアレルギー専用鼻炎薬はやっぱりよく効く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう