「ヘルシー」「ダイエット」という言葉を思い浮かべる時、良くないモノとして真っ先に考えがちな「油」。
でも、良質な油はカラダにもダイエットにも効果的なことを知っていますか?

良質な油ってどんな油?

たとえば、オリーブオイルやエゴマ油、青魚は身体に良いという話ですが、一度は聞いたことがことがありますよね。
では、どうして良いのかご存知でしょうか?

油、つまり脂質は人間に大切な成分。
不足すると細胞の働きが悪くなるなど、まさにカラダにとって「潤滑油」のような存在なのです。

ひとくちに油といっても、大きくわけて3種類あり
「オメガ3」
「オメガ6」
「オメガ9」
の3つに分類されます。

オメガ3

この内、「オメガ3」は不飽和脂肪酸と呼ばれる油の種類で、善玉コレステロールを増やし、悪玉を減らす役割があり、肌のうるおいや血液サラサラ、生活習慣病予防の効果があるといわれています。
青魚やエゴマ油はこれに含まれるので、「カラダに良い」とされるのです。
女性ホルモンを整えるのにも油が重要なので女性には特にオススメですね。

オメガ9

「オメガ9」はオリーブオイルやアボカドに含まれています。
腸の働きを助ける効果もあるといわれていいますし、女性の好きなメニューに活用できそうなのも嬉しいですね。

オメガ6

「オメガ6」にはちょっと注意が必要です。
それは、体内で合成はできないから!
全く摂らないのは精神衛生上にも良くありませんが、マーガリン、マヨネーズ、サラダ油に含まれる「オメガ6」の油分は、カラダの中で「オメガ3」とは反対の働きをします。
摂り方には注意が必要です。

油は「酸化されにくい」ものを!

酸化した油はなぜダイエットに不向きなのでしょうか?
また、良質な油はなぜダイエットに良いのでしょうか?

たいていの油は、時間が経つにつれて酸化状態に変化します。
上で紹介した油の中には、酸化しやすいという弱点をもったものも!
酸化した油はおいしくないだけでなく、過酸化脂肪酸へと変化し、逆に生活習慣病の原因になり得ることもあります。
普段の料理などであまり油を使わないという人なら、小さめのボトルを買い、なるべく早く使い切るのも手ですね。

「トランス脂肪酸」て一体何?

マーガリンなどに多く含まれる「トランス脂肪酸」は動脈硬化や生活習慣病の原因になるとして欧米では禁止・規制する動きも出ています。
揚げ物やスナック菓子にも多く含まれるので、ダイエットを考える際には併せてこれらのものを控えることで、より健康的なカラダづくりを!

 

【関連記事】
中鎖脂肪酸はオイルなのに身体に溜まらない!? 中鎖脂肪酸ってどんな成分?

アルガンオイルは美容液レベルの効果!!

2014年に流行したダイエット法とその効果まとめ

スーパーフードって何!? ダイエットに取り入れたいスーパーフードあれこれ