人の体の約20%はタンパク質から出来ており、健康な体にとっては必要不可欠なものです。
カロリーを気にするダイエッターさんたちは脂肪を気にするあまりタンパク質を敬遠しがちですが、実はタンパク質を摂ると代謝が促進してダイエットに繋がるということが分かってきました。
今回はそんなタンパク質の秘密についてご紹介します。

タンパク質を摂って代謝アップ

なぜタンパク質を食べると代謝アップになるのでしょうか。
それにはタンパク質を構成しているアミノ酸が関係しています。
タンパク質はアミノ酸が集まってできたものなのですが、そのアミノ酸の中には、なんと脂肪の分解を助けてくれるものがあるんです。
そのおかげで筋肉の量が減ることなく脂肪を燃焼してくれるので、結果的に代謝が良くなるというわけです。

ダイエットに繋がる食べ方

冒頭にも上げた通り、タンパク質には脂肪を多く含むものがあり、食べ方次第では逆に太ってしまう恐れがあります。
ではどんな食べ方をすればダイエットに繋がるのでしょうか。
まずダイエット中は1日3食食べましょう。あまりにお腹が減ってしまうと人の体は危機感を覚え、必要以上に吸収してしまいます。
そして大切なのはタンパク質を摂る時間帯です。筋肉は夜寝てる間に作られるので、夕食でタンパク質を少し多めに摂るように心がけましょう。
朝食は1日の活動を助けるためにエネルギーになりやすい炭水化物を中心に食べ、代謝が1番活発な時間である昼食には少し脂の多いものでも大丈夫。
そして夕食は良質のタンパク質を摂るということを覚えておきましょう。

良質のタンパク質とは

良質なタンパク質には様々ありますが、納豆や豆腐などの大豆製品は低カロリー高タンパクな優秀食品です。
それにプラスして卵を摂ることでアミノ酸のバランスがよくなります。
また夜に食べるのであれば、鶏肉もムネ肉やササミ肉など脂身の少ない部位を摂るようにしましょう。
しかし、美味しい食事はご飯がススんでしまうのが難点。
夕食はご飯のおかわりは控えて、キレイな健康ボディを作りましょう。

 

【関連記事】
豆腐には「ダイエット3大成分」&「美容2大成分」がたっぷり♪

飲み方は? タイミングは? プロテインダイエットの効果的な方法

美味しい!健康的!マクロビオティックダイエット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう