ダイエットの新定番!
油は太りそうだし、オイルで脂肪燃焼するなんて少し信じられないですよね。
しかし良質なオイルには代謝をアップさせて、脂肪燃焼効率を高めてくれるものもあります。
そんなダイエット効果も期待できるオイルをいくつかご紹介。

ココナッツオイル

1つ目は話題のココナッツオイル。ココナッツオイルはココヤシの種から取った油です。
このココナッツオイルがダイエットに良いというのはテレビなどで聞いたことがあるかと思います。
ココナッツオイルに含まれる脂肪は”中鎖脂肪酸”と呼ばれ、とても吸収の良い油です。
良質のオイルには腸の蠕動運動を滑らかにし便通を良くする効果がありますので、これが結果的にダイエットにつながるというわけです。
またココナッツオイルに含まれる”ラウリン酸”には抗菌作用があるので、免疫力も上がり風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなるかもしれません。

エゴマ油

シソ科のエゴマという植物の種からとれる油です。
会津地方では”ジュウネン”と呼び、長寿の食べ物として親しまれています。
エゴマ油に多く含まれる”α-リノレン酸”は体の中でDHAに変わります。
それによりアレルギー症状を抑えたり、うつ症状を軽減させたりという効果もある上に、中性脂肪を減らしてくれるのでダイエットも期待できるというわけです
また”ロズマリン酸”というポリフェノールには血糖値を下げる働きがあります。

亜麻仁油

亜麻という植物の種からとれる油で、ヨーロッパでは紀元前から食べられている油です。
バターに風味が似ているので、パスタの仕上げに垂らしたり、使い方も色々。
亜麻仁油にも”α-リノレン酸”が含まれている他、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が含まれているので、便通改善によるダイエット効果も期待できます。

また亜麻仁油に含まれる”リグナン”という成分には、脳のホルモン、女性ホルモン等のバランスを整えてくれる働きがあり、イライラや暴飲暴食を抑制してくれる効果もあります。
でも、いくらオイルが体に良いからといってたくさん食べてしまってはダイエットになりません。

毎日ティースプーン2杯程度を、火を加えずに生のままサラダにかけたり、スープに垂らしたりして食べると良いです。

効果的にオイルを摂って理想の体へ近づけましょう。

 

 

【関連記事】
中鎖脂肪酸はオイルなのに身体に溜まらない!? 中鎖脂肪酸ってどんな成分?

アルガンオイルは美容液レベルの効果!!

中鎖脂肪酸はオイルなのに身体に溜まらない!? 中鎖脂肪酸ってどんな成分?

どうせ食べるなら良質な油を摂った方がいい理由

 ダイエット中でも食べて良い油、ダメな油

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう