テレビCMなどで話題になっていた、中鎖脂肪酸。
ダイエットのための、中鎖脂肪酸についてや、中鎖脂肪酸の摂取法についてご紹介します。

中鎖脂肪酸とは何か?

ココナッツやパームフルーツなどの、ヤシ科の植物に含まれている天然成分です。

飽和脂肪酸の中の一つで、炭素を結ぶ鎖の長さにより短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分類されます。
中鎖脂肪酸は、他の脂肪と比較しても、すぐに肝臓に運ばれ、素早く分解されやすく、エネルギーとして利用されやすいという特徴があります。
体脂肪として蓄積されにくく、エネルギー補給もされ、更に食事療法として栄養状態の改善などに役立てます。

また、医療現場でも貢献していて、エネルギーを必要とする患者への栄養補給としても扱われてきました。
十分な栄養摂取が出来ない方にもピッタリの成分なのです。

ダイエット効果にも!

中鎖脂肪酸には、血液中の乳酸の濃度を下げることができて、運動能力や疲労回復を高める効果があります。
体脂肪を減らす効果もあるので、食用油として摂取すると、ウエスト・ヒップのサイズダウンも期待できます。

摂取法

料理する時に使う油をココナッツオイルに変えてみましょう。
ココナッツオイルの中でも、バージンココナッツオイルは甘い香りが特徴なのでリラックス効果も。

また、特定保健用商品として認定されているので、サプリメントでも摂取できます。

【関連記事】

どうせ食べるなら良質な油を摂った方がいい理由

良質なオイルはダイエットにNGじゃない!脂肪燃焼促進効果のあるオイル

アルガンオイルは美容液レベルの効果!!

ダイエット中でも食べて良い油、ダメな油