昨今、CMや広告などでもよく見かけられ、人気が高まっている柔軟剤。
各企業からは様々な香りの工夫が見受けられる柔軟剤が発売され、スーパーやドラッグストアでも所狭しと陳列されています。

そもそも柔軟剤って何のために使われているの?

柔軟剤には、衣類やタオルなどをふんわりと仕上げたり、静電気や殺菌といった効果があります。
洗濯洗剤だけだとゴワゴワ感が気になる、もっと快適にお洋服を楽しみたい、という、洗剤よりもワンランク上の機能を求める方向けの商品です。
また、いい香りをつけることにより、香水のようなおしゃれ感覚を楽しむこともできます。

柔軟剤のコワ~イ噂…身体に悪いって本当!?

しかしながら最近では、柔軟剤に含まれている陽イオン界面活性剤と呼ばれる、毒性の強い化学物質による人体への影響が懸念されています。
皮膚への刺激や経皮毒、環境破壊、いいにおいであるはずの“香り”による吐き気や頭痛、めまいなどの体調不良を訴える人が多いとか…。

筆者も以前は柔軟剤が大好きで、様々なタイプを使用してきました。
ところがあるとき、背中にひどい湿疹ができて悩んでいたところ、柔軟剤の毒性を知り、洗濯洗剤を変え柔軟剤の使用をやめたら治った、という経験があります。

柔軟剤を使用せずに洗濯物をフンワリさせる方法!

それでも洗濯物をふんわり仕上げたい! という場合は、「お酢」を使います。
「お酢のニオイが洗濯物に付いちゃったりしないの?」と思われるかもしれませんが、ご安心下さい。
ニオイは全く残りません!

それでも気になる方は、クエン酸+ラベンダーなどの精油少々、または市販で売られている「洗濯リンス」がオススメ。
ただ、ラベンダー等の精油の良い香りもほぼ残らないので、その辺りはご了承の程…!

【関連記事】

花粉症におすすめのマスク【クリーンラインコーワ 三次元方マスク/フィッティ】

パサパサの髪の毛ともサヨナラ!シャンプーの仕方で髪の毛大変身♪

入浴は”食後1時間”あけないと消化に悪い!

あなたの適正BMI値、理想のBMI値知ってる?

女子大生とかOL・主婦とかみんなこれやってない?