ダイエットや筋トレでエクササイズを始めたけど、やりすぎて筋肉痛になってしまった体験はありませんか?
筋肉痛を防ぐ方法と、筋肉痛のケアについて教えます。

筋肉痛のメカニズム

筋肉痛には、2つの種類があります。
1つ目は、運動中や運動直後になる筋肉痛で、回復期間が速い即発性筋肉痛。
2つ目は、遅発性筋肉痛という数日続く筋肉痛のことをいいます。

筋トレで傷ついた繊維や組織などが回復するプロセスで炎症が起きます。
その回復する時に発生した痛みの物質が伝わって筋肉痛として痛みを感じるのです。

運動の後の筋肉はとても疲労しているので、筋肉痛で痛いからといってそのまま放置すると、筋肉は固くなってしまいます。

身体の様子を見ながら少しづつ動かすことが大切です。
また、急激な運動は、筋肉を傷めることになるので、普段あまり運動をしない方は軽い有酸素運動をするのがいいでしょう。

筋肉痛の緩和方法

お風呂で筋肉痛を緩和!

冷水と熱めお湯を交互に浴びることで、血流が良くなって筋肉痛が和らいでいきます。
また、足の筋肉痛がヒドイ時は、足浴をするのも効果的です。

食品で筋肉痛を緩和!

お肉、魚、大豆、ニンニク、唐辛子、サンマ、レモン、梅干し カキなど・・・。
筋肉痛の回復に役立つ食材を取り入れて食事をしてみるといいでしょう。

 

筋肉痛の予防対策

ウォーミングアップを忘れずに

突然運動をすると、筋肉や心臓に大きな負担がかかります。
筋肉痛にならない為にも、しっかり準備体操を行いましょう。

トレーング中も予防対策

トレーニング中でもストレッチをすることによって、筋肉痛が予防できます。
痛くなる部分や筋肉のハリを感じたら、マッサージで血行促進させ、筋肉痛予防をしましょう。
筋肉痛の回復途中で思うように動けなくてイライラしても、身体が一生懸命に回復している最中だということを忘れないでください。
筋肉痛になるほど、自分自身は運動を、たくさん頑張ったんだ!と思う気持ちが大事です。
筋肉痛を早く治したいと思いますが、ストレスになってしまうので、リラックスしながら回復させていきましょう。

 

【関連記事】

ピラティスで基礎代謝量UP!筋肉も付いて美ボディをキープ

トレーシーメソッドの痩せ理論!筋肉とダンスのヒミツ

【ポケスリム】いつでもどこでも気楽に腹筋できる筋肉トレーニング

脚を上げてお腹をスリムに!レッグレイズダイエットでお腹痩せ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう