摂取していい油、そうでない油

油には、健康や美容の面から、摂っていいものとそうでないものがあります。
油は、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれており、飽和脂肪酸は肉の脂身、またはバターにも含まれる成分で、これが悪玉コレステロールの原因を作ります。

また、近年よく耳にする「トランス脂肪酸」という油は、更に摂取を危険視されている油です。
飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸は、天然成分の油ですが、トランス脂肪酸は真逆の人工油で、主に菓子パンやマーガリン、クッキー、インスタントラーメン等に使われています。

トランス脂肪酸は過剰摂取すると悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化へと発展します。
付け加え免疫力が低下し、アレルギー疾患にかかりやすくなってしまいます。

不飽和脂肪酸は人間の体にとっては必須脂肪酸とされており、オレイン酸、α-リノレン酸、リノール酸といったものが挙げられます。

リノール酸は摂っていい油?

リノール酸は、植物性油で健康的にも良く、不飽和脂肪酸の一つに含まれてはいますが、近年多量に摂取する人が増加してしまい、心筋梗塞といった疾患を引き起こす原因になることが指摘される様になってしまいました。

リノール酸がいくら体にいいとは言え、結局過剰に摂ってしまえば、必須脂肪酸とは言っても、健康に害が出てしまいます。
何に関しても摂り過ぎは禁物です。

オレイン酸でアンチエイジング

オレイン酸は不飽和脂肪酸の中でも特に酸化しにくく、主にオリーブ油に含まれ、酸化しづらいオレイン酸は、体内に取り込んでも過酸化脂質にあまりならず、細胞が老化するのを防ぎます。
悪玉コレステロールの減少にも効果があり、動脈硬化を予防する力も持っています。

また、腸の内容物を柔らかくし、便秘の解消の効果もあります。
動脈硬化により起こる脳梗塞、心筋梗塞、高血圧や糖尿病も防ぐ効果があるので、非常にオススメです。

【関連記事】

食べ物・飲み物に注意すればあっという間にむくみ知らずに!

美容に!アンチエイジングに!アーモンドの威力がハンパない!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう