お風呂に入っている間、体にはとても大きな圧力がかかり、水深が深くなればなるほど圧力は強くなります。
全身浴で肩まできちんと浸かれば、約520㎏もの圧力が働き、ウエストなら3~6センチ、ふくらはぎやバストなら1~2センチも収縮します。

体に与える影響

水圧効果

まず、足に与える水圧により、足元に溜まってしまった血液が上へ上へと押し上げられ、血液循環の促進につながります。
すると体には、むくみ改善、抵抗力UP、自然治癒力向上などの効果が期待できます!

腹部に与える水圧は、横隔膜を押し上げる働きがあります。
横隔膜は呼吸活動に関わる大切な筋肉のひとつです。
横隔膜が押し上げられると、肺の容量が少なくなり、体内の空気量が減るため、少なくなった体内の空気量を補おうとたくさん呼吸をします。
そうすることによって、新陳代謝アップ、心臓の動きの活性化、血流の促進に繋がります。

水圧効果は、リンパや血液の流れを良好にし、筋肉をほぐすといったマッサージ効果もあります。
お風呂でリラックスできる上に、マッサージ効果も得られるなんて、手軽で嬉しいことですよね♪

それでも、冒頭に紹介しただけの圧力がかかるということは、体に負担をかけてしまう可能性もあります。
今日は、リラックス重視でゆっくり浸かりたいなという時には、半身欲などして負担を軽減するように配慮してください。

マッサージ

足のむくみが気になる方に。
シャワーでくるぶしあたりから上へゆっくりかけてください。
すると、シャワーの水圧と温熱効果によって血流改善され、だんだんとむくみがとれてきます。
また、湯船に浸かる際は、リンパマッサージをするといいですね。

お腹周りが気になる方に。
湯船でしっかり温まり、背中からお腹へとお肉を移動させるように揉んだら、お腹をつまむように揉みほぐしてください。
すると、固まったセルライトがほぐれ、痩せやすくなります。

【関連記事】
【浮力効果】湯船に浸かるだけで脚のだるさが解放される!

入浴の仕方で冷え&脂肪体質を改善!痩せやすいカラダへ!

お風呂時間を有効活用!お風呂ダイエット法