実は早寝早起きは、ダイエットにつながる嬉しい効果があるものなのです。
その効果を知ったら、きっとあなたも早く眠って起きたくなっちゃいますよ!

眠ると代謝促進ホルモン分泌! 鍵はゴールデンタイム

睡眠中には、成長ホルモンが分泌されます。
寝る子は育つ!と昔から言われているように、寝ている間のホルモンの分泌が成長するために必要なのです。
そのホルモンがなぜ痩せることにつながるかというと、ホルモンの影響で代謝が活発になり、脂肪が燃えやすい体になっていくためです。

また、良質な眠りの最中には「セロトニン」と言う物質も分泌されます。
セロトニンは、脂肪分解ホルモンなどと呼ばれている物質なのです。
それらのホルモンの分泌が盛んなのは、22時から2時の間で「睡眠のゴールデンタイム」と言われています。

早起きは3文の得? 朝食もしっかり食べてカロリー消費量UP

早起きは体内時計のリセットや調整に効果があります。
体内時計が正常化すると、自律神経の活動が活発になり代謝機能がよく働くようになります。

また朝食をとることで、食事誘導性熱産生(DIT)が向上します。
DITは、食べ物の栄養素を分解するときに発生するカロリー消費のことです。
食べた分の重さが全て体重に変わらないのはそのためです。
食べても太らないのは、DITの活動が活発だからと言われています。

逆説!早起きは太る?実は早寝しないと意味がない

早起きはダイエットにつながると説明してきましたが、実は逆に太るとも言われています。
太る原因は、早寝して良質な睡眠が取れていない結果なのです。
早く寝れていないのに、無理に早起きだけしてしまうと十分な睡眠が取れないことになります。
寝不足になるとストレスを感じたり、グレリンというホルモンが分泌されてしまいます。
グレリンには食欲増進効果があり、いうダイエットの敵になってしまうホルモンなのです。

いかがでしたか?一番ダイエットにいいのは質のいい眠りと心地よい目覚めなのです。
規則正しい生活でキレイを手に入れましょう。

【関連記事】

就寝前エクササイズで効果UPするらしい!

明るい状態で寝ると太る…? 寝ている間の明るさが重要

鎖骨ダイエットは寝ているだけでスリムに!

花粉症で頭が重い…眠い…そんなときどうしたら良いの?