ダイエット中なのに、今日も飲みすぎてしまった…
後悔してしまうのは分かっているのに、お酒って楽しくなってくると、つい飲んでしまいがちになりますよね。
そこで、ダイエット中に上手に賢くお酒とお付き合いする方法をご紹介します。

お酒は高カロリー? 太るお酒と太らないお酒があるのです!

お酒は高カロリーで、太るイメージがあります。
確かにカロリーは高いのですが、太らないカロリーと言われています。
そもそもカロリーよりも、糖質のほうが太る原因なのです。

お酒には、蒸留酒と醸造酒があります。
蒸留酒は体に脂肪を蓄えない、エンプティカロリーなのですが、醸造酒は糖質が多く含まれ、体に脂肪を溜め込んでしまいがちです。

蒸留酒と醸造酒とは? お酒の種類って?

蒸留酒とは、焼酎、ウイスキー、ブランデー、テキーラ、ラム、ウォッカ、ジンなどです。
特におすすめなのが、芳香成分が脂肪を代謝するホルモンに作用する、と言われているウイスキーです。

醸造酒とは、ビール、日本酒、ワイン、梅酒、カクテル、チューハイなどです。
甘味があり、女子が好きなお酒の種類は、太りやすいものなのですね。

美味しく上手に飲んで太らないポイント!

やはり飲みすぎないこと、これが一番大切です。
蒸留酒は太らないから大丈夫!と言っても、飲み過ぎは禁物です。
アルコールは体内で中性脂肪が作られやすくなり、脂肪肝など病気につながってしまいます。

でも適量を飲むなら、焼酎やウイスキーには美白効果があったり、嬉しい効果もたくさんあるのです。
ストレス解消しながら、会話を楽しみゆったりと飲む。
そんな大人な時間を過ごすと、飲みすぎも抑えられるのかもしれませんね。

最後に、高カロリーなおつまみも、食べ過ぎないようにしてくださいね!
枝豆や豆腐など、低カロリーなものを選び、特に食物繊維が豊富なものを選ぶと、糖質が吸収されにくくなるのでおすすめです。

【関連記事】

甘酒を上手に取り入れてダイエット!

“脂肪燃焼スープ”ダイエットは、スープを好きなだけ食べても良いダイエット法!

スープダイエットで満腹・満足・なのに痩せる!

糖質制限ダイエット、絶対にNGな食品10選

飲むだけ簡単!ダイエットティーの種類と効果

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう