ダイエットの味方として心強い豆腐には、痩せ効果はもちろん、美容効果のある成分がタップリ。
痩せるための手助けをしてくれる、豆腐ダイエットの実力をご紹介します。

●豆腐の有効な3大ダイエット成分とは?

コレステロールを低下させて肥満の予防ができる「大豆サポニン」

サポニンには大豆が多く含まれていて、豆科植物の成分である大豆サポニンには苦味があり、コレステロールの吸収を抑えたり、分解してくれます。

大豆サポニンは、血管に付いた中性脂肪を除去して血液サラサラにしてくれますたり、さらに消化器官で吸収されたブドウ糖が脂肪酸とくっつかないように、皮下脂肪を抑えてくれる作用もあります。

脂肪を減らして痩せやすい体質を作る「大豆レシチン」

血管に付いたコレステロールや脂肪を減らすと同時に、余計な脂質を落してくれる効果も期待できるのが大豆レシチンです。
また、血行促進効果もあるので、冷え性や肩こりの改善など痩せやすい体質へと導いてくれます。

食べ物をエネルギー化するビタミンB2

ビタミンB2は、糖質・脂質・たんぱく質を分解してエネルギーに変える際のサポート役。
摂取した食べ物を無駄なくエネルギーに変換するために、欠かすことのできない栄養素といえます。
また、脂肪の燃焼を促進する働きがあることも見逃せません。

●豆腐の2大美容成分

美肌をつくるのに欠かせない大豆イソフラボン

体内に摂取すると、女性ホルモンの一種「エストロゲン」と似た働きをしてくれるポリフェノールの一種で、豆腐の原料である大豆に含まれています。
綺麗なボディラインの維持だけでなく、肌のハリを保つ美肌効果や保湿効果、女性としての美しさ若々しさにも効果が大いに期待できます。

アンチエイジングになる凄いビタミンE

老化や生活習慣病の原因となる過酸化脂質の増加を防ぐ作用があります。
シミなどの色素沈着を防いでくれるので、美白効果も!
また、ヤツヤの髪質を作ってくれる作用もあります。
毛細血管を広げて血行を良くする働きもあるため、冷えや腰痛の改善になり、アンチエイジング効果も期待できます。

淡白な味なので様々な食材とも相性が良く食べやすい豆腐は、腹持ちがよくて良く、ダイエッターの味方になってくれる食材です。
豆腐に含まれる栄養成分はダイエットだけでなく美容効果も抜群!
お鍋や湯豆腐など身体を温める料理を食べながら、健康的な豆腐ダイエットをしていきましょう!

【関連記事】
痩せるにはコレ♪ 食品と料理の組み合わせ方