女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類があります。
そして、これらホルモンの影響による、「ヤセ期」というものが存在します。
これは生理が終わったあとに続くもので、最も代謝が上がる時期です。
その波に乗って、代謝アップを目指し、あたため生活を強化しましょう。

生理1日目~7日目

この1週間はダイエットに向いていません。
体温が低い上に血行も悪いです。
この時期は、体温の低下を食い止めることに専念しましょう。

・あたため調味料を使いましょう
七味などの唐辛子や、ハチミツ、塩コショウを活用しましょう。

・冷たいドリンクは避け、身体を温めるドリンクを選びましょう。
紅茶などにハチミツを入れたり、生姜湯を作ると良いですね。

・冬が旬の食べ物や、根菜を多めに食べましょう。
冬が旬のリンゴや長芋などは身体を温める効果があるものが多いので積極的に食べましょう。

生理が終わってから1週間

整理が終わり、排卵までの1週間は待望の「ヤセ期」!
血行が良くなり、代謝がアップする上に、心も安定する時期です。
より代謝アップを目指し、効率よくダイエットしましょう。

・脂肪燃焼を手助けするタンパク質を摂りましょう。
魚やお肉など、できたてで温かいものを食べましょう。

・代謝アップに繋がるウナギや玄米、ミネラル豊富な海藻類も忘れずに。

・オフィスでも身体を冷やさないように注意しましょう。
ひざ掛けを利用したり、カーディガンを羽織るなど、保温効果を良くし、冷やさないようにしましょう。

・疲れて帰っても、湯船には浸かりましょう。
40度くらいのぬるめのお湯にゆったりと浸かり、副交感神経系を高め、寝る準備をしましょう。

【関連記事】

生理前に豆乳を飲むと痩せるって本当!?

大豆は女性の味方!美容に○、ダイエットにも○

その生姜の摂り方じゃ逆に冷える!実は間違っている生姜の摂取方法

10代、20代、30代…世代によってダイエット方法は変えた方が良い!

10代のダイエットで気をつけるべき注意点!